1週間とか短期間に絶対痩せなくてはいけない理由がある

デートまであと1週間、南の島へ旅行で水着を着なくてはならない、結婚式までにやせなくちゃ、、
ダイエットの理由は様々ですが目的は、1週間とか短期間に痩せるということです。

1週間で10キロ痩せる方法とか5キロ痩せる方法とかダイエット本やネットにもよくありますが、実は無理でもあり、また可能でもあります。つまり個人差が大きいので簡単に何キロとかは言えません。

体重が100キロある方なら5キロ痩せるには5%ですが、体重が50キロの方には10%です。

1週間で10%も体重を落としたら普通の人は病気になったり大変危険なことになります。

そこで健康に気をつけながら1週間で確実に痩せましょうという方法論になります。

スポンサード リンク


短期間で確実に痩せるための3つの方法

断食で食べ物をコントロールする

自分の意志でコントロールできるのは食べ物であり食べ方です。1周間で2~5キロ体重を減らす目標を立てたら週末にプチ断食を行って一気に体重を落とします。

プチ断食のやり方はこちら

メリット

プチ断食は短期間でもっともダイエット効果の見込める方法です。期限があってなにがなんでも痩せなければいけないという場合にはもっとも適したやり方です。ボクサーが試合前の計量に合わせて体重を落とすことを想像していただければ良いと思います。

デメリット

リバウンドの起こる可能性が高いことです。一時期に痩せるのはそれほど難しいことではありませんが継続して痩せる(維持する)のにプチ断食だけで行うのは向きません。

有酸素運動とカロリーコントロールを計画的に行う

短期間の目標に合わせてダイエットを行うには専門知識が必要になります。できればフィットネスジムに通い専門知識をもったトレーナーと相談しながらプログラムを組みます。最近ではダイエットのプライベートレッスンが注目されています。一人では精神的にも厳しいものがありますがパートナーが適切な助言をしてくれることでくじけず目標値のダイエットが成功する確率が高まります。

メリット

有酸素運動とカロリーコントロールをバランスよく行えば短期間に理想的な体型、ダイエットが可能になります。

デメリット

一人で行うのは知識が必要であり難易度が高いです。そのため一般的にはフィットネスジムに通いトレーナーと相談しながら運動プログラムを組みます。また、プライベートレッスンはそれなりの費用と時間が必要になります。

プライベートレッスンとは

減量手術を行う

外科的に胃を小さくしたり小腸を短くしたりして強制的に摂取カロリーを抑えようという方法です。有名なところでは小錦、海外ではマラドーナの激痩せが有名です。肥満が過ぎて健康に不安が生じ、生命の危険すらある場合は悠長なダイエット方法では間に合わず手術に頼ります。海外では手術の順番待ちもあるそうですが日本国内では専門外科医の数も少なく、まだ一般的ではありません。

短期間ダイエットのまとめ

現実論として1週間激しい有酸素運動を続ける、なんてことはアスリートでもない限り一般人には現実にはまず不可能です。

断食系で短期に痩せて、リバウンドを警戒しながら置き換えダイエットでカロリーコントロールを行うのがおすすめです。

経験的に短期間に痩せるためには食べ物で摂取カロリーをコントロールする以外にないと思っています。

ちなみに管理人は週末プチ断食を時々行い(デトックスも兼ねて精神的にもリフレッシュできます)普段は置き換えダイエットを行っています。難点は置き換えダイエットの食品に飽きることですね(笑)様々な工夫はしているのですが。

※完全な断食(絶食)はとても危険です。専門の指導者がいない場合は危険だけではなく必ずといっていいほどリバウンドがあります。普通のリバウンドではなく以前よりも太ることが多いほどです。短期間にどうしても痩せたいからといっていきなり断食するなどということはやめましょう。

スポンサード リンク


[PR]

ダイエット商品の人気ランキングです。

やはり置き換えダイエットは人気があります。

ダイエット商品・人気ランキング

このページの先頭へ