短期間で確実に痩せた。1ヶ月で10キロ痩せた。

やってみた本当に痩せた。1ヶ月で10キロ痩せた


Diet! / woofiegrrl

糖質制限ダイエットは本当だった。友人M代の話です。私が断食ダイエットで成功した時、彼女は食べられないダイエットなんてやる気がしないよ。といって強がっていました。「羨ましいけど自分には無理」が本心だったと思います。

流行っているからといつもの気楽なノリでごはん(主食)抜きダイエットに取り組んだそうです。実はそのやり方こそ糖質制限ダイエットだったのですがそれですら後で知ったとのこと。

彼女がまずやったのは食べる量は変えないでご飯をやめた。つまりおかずが増えた。パンをやめてサラダを食べた。ラーメンやめて野菜だけ食べた。そんな感じです。

1週間で4キロ痩せて自分でもびっくり。で本気になって糖質や炭水化物を摂らないようにしたらなんと1ヶ月で10キロ痩せました。

私もびっくりして調べました。確かにブームとはいえない勢いで糖質や炭水化物を制限するダイエット方法が定着しています。

短期間で確実に痩せる

短期間でほぼ確実に痩せるので支持されているのでしょう。しかしここに来て副作用というか弊害も指摘されています。

簡単にすぐ痩せられるのでゲーム感覚になり「もっと痩せよう」「もっと糖質抜こう」になり栄養バランスを崩してしまうのです。

実際の現象としては体力が落ち、疲れやすくなったり、めまいやがしたり生理不順になったりします。

短期間で確実に痩せる方法としては最強に近いのでなんとか弊害をクリアできれば理想のダイエット方法と言えます。

なんといっても食べられるのが強みです。ちょうどテレビのNHKで糖質制限ダイエットの副作用についてやっていました。

すると弊害をなくすのは意外と簡単で今までだったら全部やめていた白米(ごはん)を全部抜くのではなく半分にする。小さめのおにぎりと考えたら良いそうです。これを3食食べても十分痩せられるそうです。一日の摂取カロリーが半分のなります。

正しい糖質制限とは適量の糖質を摂ることであり、主食を半分にするだけで健康を維持しながら十分痩せられます。

しかも食べられることでストレスが大きく軽減されます。

これは実際に正しいダイエット方法として会社全体で取り組んでいるところもあるくらいです。

nhk 2016年7月20日 クローズアップ現代より

※もっと痩せようと思わないで痩せたら維持しようと考えましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする