ダイエット臭に気をつけよう

急激なダイエットのリスクはリバウンドだけではありません。

GENKINGさんとダイエット臭

あのGENKINGさんが短期間に断食ダイエットをしてリバウンドとダイエット臭で悩まされたと言う話もあります。良いスタイルを保つのは大変ですね。

ダイエット臭ってどんな匂い?

いわゆる体臭で本人は気づきにくく、周りから「なんとなく臭うね」なんて言われて初めて気づくことが多いようです。体がエネルギー不足になり代謝が落ち「ケトン臭」と言われる匂いになります。ひどい場合は口臭も伴います。

ダイエット臭の場合、本人に自覚が無いのでかなりの程度健康を損なってから他人の指摘でやっと気づくことが多いので気をつけないとやっかいです。

急激なダイエットが危険というより、断食、何も食べないことのリスクが大きいということです。

劇的に痩せたと評判の芸能人も病気や劣化と紙一重のところにいる人も多いようです。

ケトン臭って?

体に必要な糖分が不足し、状態は糖尿病と同様になり、違う成分や栄養をエネルギーに変えようとします。その時に発生する匂いをケトン臭といいます。

極端な断食やダイエットは体は病気の状態です。体は本能的に守ろうとして、非常に少ない栄養でも取り入れる効率を上げたり、違う成分を必要な機能を果たすための成分に変えたりと必死の働きをします。リバウンドで以前の倍も大食いになったりするのも同様で、体が危機だと勘違いして採れる時に目一杯栄養を摂っておかないと、また飢餓状態になると大変だ、、という非常事態に備える危機管理でしごく当たり前な働きなのです。

糖質制限ダイエットは特にケトン臭を生み出す原因となりますのでやりすぎには注意しましょう。

ダイエット臭対策

自覚がないだけに他人に指摘されて、わかったときはショックです。対策としては、まず今やっているダイエット方法は間違っているということなのですぐに中止しましょう。そして食事を取りましょう。ダイエット臭対策に効果的なのはアルカリ性食品、つまり野菜や果物です。並行して適度な運動をしましょう。運動の目的は代謝機能を回復させることです。

参考

酸性食品とは肉類、魚、卵、ご飯など穀類

アルカリ性食品とは野菜、果物、海藻など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする