置き換えダイエット

置き換えダイエットのメリットは置き換える食べ物とか回数、タイミングを自分で選べることです。つまり無理なく続けやすいということですね。逆に言えば自分の好みでバランスが偏ったり、激しくやりすぎてリバウンドを呼び込むリスクもあります。置き換えダイエットで痩せるためにはセオリーに従って行うことが大事です。

置き換えダイエットのやり方

痩せるためには接収カロリーを減らすことが大前提ですが栄養補給も忘れてはいけません。自分のペースでダイエットが出来、栄養バランスを取るのに置き換えダイエットが最適と言われている理由です。

置き換えダイエットとは

食事を普通の食べ物からダイエット用にカロリー制限されたものや特定の栄養素を摂取するものなどに1食または複数食置き換えるものです。痩せる目的のために栄養の不安なく摂取カロリーを制限するとても有効なダイエット方法です。

置き換えダイエットのタイプ

  • ドリンクなど飲料
  • クッキーなど副食型
  • 食事タイプ

置き換えダイエットの効果的な方法

1食だけ置き換えれば無理なく普段のペースに近い食生活で確実に摂取カロリーを減らすことが出来ます。減量のペースは緩やかですが続けやすいのが特徴です。どんなダイエット方法でも続けられることが肝心ですからね。ちょっと痩せるペースが物足りないと思ったら置き換えの回数を増やします。ただ、三食全部を置き換えるのはなかなか困難です。なので二食を数週間あるいは一ヶ月実践してみて様子を見ましょう。

目的があって短期間に痩せなくてはいけない場合は「断食+置換えダイエット」が最適です。効果は絶大ですが1~2週間が限度だと思ったほうがいいでしょう。

市販のダイエット食品に頼らず自分でレシピを工夫する人も増えています。

置き換えダイエットレシピ

置き換えダイエット成功のコツ

ライフスタイルに合わせて取り入れることです。通常のパターンなら夕食を6時~8時に摂ることが多いでしょう。その場合は寝る時間が12時として夜8時から12時まで約4時間あります。あまり消化の良いものだと寝るまでの時間が長く感じられとてもつらい時間になります。なにか一口だけ、、でくじけるパターンが多くなります。夕食で置き換える場合は腹持ちがポイントに成ります。

1ヶ月~数ヶ月の目標で置き換えダイエットを行う場合は飽きない味にすることがポイントになります。私の経験では合う食品と合わない食品があり、食べたすぐにはわからないのですが1週間以上は続けられないものとほとんど習慣化してずっと続けられそうなものがあります。いろいろ試す必要があります。メインの食事(夕食)で置き換える場合は自分でレシピを探して作るほうが良いです。もちろんローテーションで市販の食品と合わせても良いでしょう。

まとめ

  • まずは減量の目標と期間を決める。
  • 目標と期間に応じて置き換えパターンを決める(朝食、昼食、夕食どれかあるいは複数)
  • 置き換えダイエット食品やレシピを準備する
  • 短期で痩せる場合は週末を利用して集中的に、中長期の場合は続けられるパターンと食品、レシピを見つける

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする